社員インタビュー

work

ときにはヒットメーカーになることも。
流行を予測して商品を仕入れる仕事です。

 私は学生時代にコンビニや飲食店などで接客のアルバイト経験があり、人と接する仕事には興味がありました。大学の就職支援センターでエディオンコミュニケーションズを紹介され、最新の製品やサービスをたくさんのお客様に提供する事業に魅力を感じ、入社を志望。特に面接での体験が、私の背中を後押ししてくれました。実は面接を受けているときに、隣の部屋から笑い声が聞こえてきたんです。とても楽しそうな雰囲気の職場だなと思い、入社への思いが強くなりました。

 当社では、新卒入社の社員は、全員が店舗で販売業務を経験することになっています。入社してまず店舗で研修を受け、携帯電話やタブレットといった取扱商品の機能や、料金プランなどのサービスの基礎を学びました。そして約1か月後に、商品部に配属。研修を受けていたときの積極性や行動力の高さが評価されて、新卒ながら重要部署である商品部に抜擢されました。 商品企画担当として、お客様にアプリの購入をオススメするための企画立案を行っています。実際に私は、地図とナビゲーションが連動した有料のアプリを無料で体験できるサービスを考え、大変好評となりました。また、スマホのケースやモバイルバッテリー、SDカードといった店舗で販売するアクセサリーの発注や仕入れ、在庫管理を行っています。商品の人気度や売上を分析し、その後の流行を予測したうえで発注することが求められ、とても難しい業務ではありますが、自分が仕入れた商品がヒットすると大きな達成感があります。

自由度が高く裁量が大きい環境で、自分の
アイデアをカタチにする喜びを実感しています。

 私の業務の中でも、より大きなやりがいを感じているのがアプリの販促です。当社にはアプリメーカーの販売代理店としての顔もあり、以前、潜在ニーズがありそうなアプリの販促を企画したのですが、これがヒットして各店舗の売上アップにつなげることができました。このアプリは、スマホで音楽を定額で楽しむことができるものなのですが、有益なアプリであるにもかかわらず、ネット経由の加入であったため認知度も低く、積極的な販促も行われていませんでした。これに私は目をつけ、市場調査によって潜在的なニーズがあることを確信し、各店舗で新規取扱いをする販促策を企画提案しました。

 ところが社内の同期や若手の先輩に企画書を見せたところ、反応はいまいちで「いまどき有料音楽放送を聞きたい人なんているのかな?」という疑問を投げかけられました。しかし私には緻密に市場調査したデータと確信がありましたので、そのまま商品部部長に企画書を提出。「40代以降のお客様を中心に支持されるだろう」というお墨つきをもらうことができ、見事ヒットに結びつけることができました。

 こうした販促企画の立案や各店舗への提案は、私の裁量で行うことができます。私の直属の上司は商品部部長なのですが、多忙なためつねに社内にいるわけではなく、自分で即断しなければならないときもあります。もちろん責任は大きいですが、それ以上に自由度が高く裁量が大きいので、大きなやりがいを手にすることができます。


life

社内の一体感が働きやすい環境を生んでいます。
活発な意見交換がヒントになることも。

 当社では部署の垣根がなく、必要に応じてお互いに協力し合っています。こうした社内の一体感は働きやすさや仕事の進めやすさにつながっており、全員で同じ目標の達成に向けて協調できることが魅力ですね。さらに私が所属する商品部では、部署内での意見交換が活発に行われており、何気ない会話が新サービスのヒントになることもあります。たとえば先日には、会社の近くのコンビニへ買い物に出かけた先輩が「財布の中のポイントカードが多くて、どれをどのコンビニで使えば良いかわかりづらい」とこぼしたことがありました。このエピソードがきっかけとなり、アプリメーカーに働きかけて、各種ポイントカードを一元管理できるアプリを開発できないかと模索中です。

休日は映画鑑賞でリフレッシュ。ゆくゆくは
大好きな映画に関わるサービスを企画したい。

 週2日の休日は、映画を観にいくことが多いですね。特にB級映画が好きです。ありえない展開が多く、結末を予想できない点がおもしろいと思います。スクリーンの中の非日常を体験し、現実世界を忘れることでリフレッシュできています。映画は全般的に好きなので、DVDを借りて自宅で鑑賞することもありますが、やはり最新作は映画館で観たいですね。大きなスクリーンと大音響で迫力があるので、自分も登場人物になっているかのような臨場感を味わえるからです。趣味と実益を兼ねてとはいかないかもしれませんが、将来的には映画館を利用するお客様向けに新サービスを企画して提供したいと考えています。携帯電話やスマホの可能性を広げ、たくさんのお客様の暮らしを豊かにできたらうれしいですね。

私のモチベーショングラフ

私のモチベーショングラフ

他の社員を見る

pagetop