社員インタビュー

work

エディオンコミュニケーションズで
働く人たちの懐の深さに魅了されました!

 もともと私は人材派遣会社の登録スタッフとして、エディオン豊田本店に派遣されました。豊田本店には約3年にわたり勤務し、docomoヘルパーとして携帯電話の商品説明や契約手続きなどに従事しました。しかし最初のころは、携帯電話の機種によって異なる機能を覚えることに苦労し、お客様に別の機種の機能を伝えてしまったり、誤って異なる機種を発注してしまったりするなどミスを連発…。この仕事は私には向いていない、辞めてしまおう…。そんな思いに駆られるときもありました。

 当時は、お客様からのクレームに対してエディオンコミュニケーションズの社員や店長にフォローをしてもらう場面が多く、迷惑をかけてしまうことが多かったため、とても申し訳ない気持ちでいっぱいでした。でも当時の社員や店長は、私に嫌みを漏らすことなく、私が一つひとつの機種の機能や特徴を覚えられるまで、根気強く教えてくれたんです。こうしたエディオンコミュニケーションズで働く人たちの懐の深さに感動し、自分も後輩を思いやり大切に育てられる人間になりたいと思ったことが入社を志望した大きな理由です。

現在は携帯コーナー主任として
後輩の育成に力を入れています!

 こうして私は2011年11月にエディオンコミュニケーションズに入社し、エディオン店舗に販売スタッフとして配属されました。派遣スタッフのdocomoヘルパーとしてスタートして以来、私の働きぶりを温かく見守ってくれて、ときには叱咤激励しながら仕事を教えてくれた先輩たち。そして、不器用ながらも手を抜かない私の働きぶりを評価して管理職へと押し上げてくれた上司たち。こうした先輩や上司との恵まれた出会いが、私の成長を支えてくれました。

 ですから2014年5月から携帯コーナー主任を務めている現在では、今度は私が部下や後輩たちの成長を支えられるように、温かいまなざしで粘り強くスタッフたちを指導しています。また、一人ひとりのスタッフのモチベーションアップにも取り組み、自分の経験談を交えながら、誰でも最初からスムーズに仕事ができるわけでないことを伝え、本人が焦ることなく一歩一歩成長していけるサポートをするように心がけています。

 入社当時の「後輩を思いやり大切に育てられる人間になりたい」という目標を完全に達成するためには、まだまだ私自身も成長を重ねていくこと必要です。すべてのスタッフから「田中さんと働けて良かった」と言ってもらえたら、晴れて目標達成ですね。

life

長期休暇や連休を利用して
旅行やスポーツを満喫しています!

 エディオンコミュニケーションズには、小売店では珍しい充実した就労環境が整っています。週休2日制で連休の取得もできるほか、年2回の長期休暇を取得することもできます。長期休暇では、恋人や友人たちと旅行に出かけることが多いですね。冬には月に2回ほど、スノーボードを楽しみます。旅行先では旅館に泊まることが多いのですが、特に老舗の旅館では接客やサービスのレベルが高いと感じます。たとえば私が散策から帰ってきたら喉を潤すお茶を出してくれましたし、寒い夜にはひざ掛けを用意してくれました。このようにお客様が求めているものを先読みして、最善のサービスを提供する老舗旅館のおもてなしから得た気づきは、私の仕事に活かされています。

 さらに、旅館全体の居心地の良さにこだわった雰囲気づくりも参考になりますね。こうした体験ができるのは、オンとオフのメリハリがあり、休日をしっかりと楽しめる環境があるからこそだと思います。プライベートを満喫することで、仕事への活力とヒントが得られる。そんな理想的な循環を実現できることが当社の魅力です。

家庭や育児との両立も安心!
女性の働きやすさが魅力です!

 当社には、働く女性にやさしい環境が整っているので、結婚後の家庭や育児との両立にも不安はありません。これからもエディオンの店舗を舞台に、自分を高めていきながら、スタッフがやりがいを持って働ける環境をつくっていきたいと思います。また、上司が一人ひとりの社員の努力をちゃんと見届けて、正しく評価してくれることも当社の魅力の一つです。こうした風土は、社員が自ら成長しようとする意欲を高めてくれます。

 私自身、最初は人見知りの性格だったため、人とコミュニケーションを取ることが得意とは言えませんでしたが、上司や先輩たちが接客のコツを丁寧に教えてくれたこともあり、前向きな姿勢で仕事に取り組むうちに、気づいたら人と接することが好きになっていました。今では、さまざまなお客様との出会いが仕事の楽しみとなり、私の成長の原動力にもなっています。

私のモチベーショングラフ

私のモチベーショングラフ

他の社員を見る

pagetop